« 分娩室のオンナ。 | トップページ | 分娩室のオンナ。~最終章~ »

分娩室のオンナ。~第2章~

さてさて、昨日は前おきが長くなりましたので

今日は短く簡単に(できるだけ・・・)に出産物語をまとめましょう

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

妊婦健診の予約はたしか9:30~でしたが、

辛くて8:30頃から産科の待合室に一番乗りしていました。

先生も助産師さん・看護師さんもまだ出てきませんwobbly

「早く誰か来てぇぇぇぇぇsweat01

その時は陣痛なのか?わかりませんでしたが、

とにかく5分・1分・1分・・・小刻みで痛みが襲ってくるのですimpact

ようやく主任さん(助産師の)がでてきて、

「こうママさん、どうしたの~?早いね・・・」みたいなcoldsweats01

状況を話したら主任さんがすぐ診てくれて・・・

そうしましたら、

「荷物持ってきた?即入院。」

そのまま車椅子に乗せられ、陣痛室をとばして分娩台へ・・・

「は~~、あと2・3時間もすれば生まれのかしらcoldsweats01

今回も安産で子供を産めると思っていました・・・

そこからが長~~い道のりでしたcrying

**************************************

分娩台で待っていましたが、陣痛の間隔が短くても

まだ陣痛が微弱かな・・・?ということと、

勇くんが上の方にいてまだ下がってきていない・・・とのことで

陣痛室に移動することになりました。

そうなんですよ!!

1週間前の健診でも「赤ちゃんはまだまだ上の方にいます」ってconfident

自分で自分のお腹をみても、そんなに下がってないなってeye

なんで、お産が始まったのでしょう・・・

上の子と同じで几帳面に予定日通りに生まれてこようとしたのかしら・・・

***************************************

陣痛室でのおもしろ話は先日のブログ、

「陣痛室のオンナ。」でお楽しみくださいscissors

***************************************

陣痛室から、また分娩台に戻ったのは何時頃だろう・・・

ん~~、覚えてないなcoldsweats02

このころは、すでにココロに余裕はないのですweep

ただ、「安産で産もう!!!」ってことだけpunch

このキモチがちょっとでも薄れたら、とんでもないお産になるなと・・・

精神力だけで分娩台に上がりました。

陣痛は朝の時より10倍くらい辛くて、深い呼吸と

分娩台の横のパイプを握りしめて痛みを分散させるんですけど

パイプが折れるんじゃないかと思うほどの力がでますcoldsweats01

やがて、子宮口も全開しイキミも始まったので

「あ~~、もうちょっとで生まれるぅぅぅ」と、少しホッとしましたthink

でも・・・

そこからが長かったのデスsign03sign03

いつまでも、破水しないんですshock

助産師さんが「破水したらすぐ生まれるわ~~~」と言っていたのに、

そのうち「赤ちゃんを包んでいる膜が厚くて、破れない!!!」って~~

「ひえ~~~crying

もう早くしてってカンジになってきましたよsweat02sweat02

いつまでたっても破水しないthunder

前日の朝から痛みと闘っているので

私の中でもちょっとイライラモードにhappy02

ココロの中で「勇ちゃん、早くぅぅぅぅ」って何回も言いました・・・

今までは助産師さん中心のお産でしたが、

さすがに先生も助産師さんのすぐ後ろで様子を伺うようになりました。

そのうち、ようやくなんとか無事に破水したのですが・・・

今度はsign02sign02

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

ごめんなさい、全部書きたいのですがあと二つの問題が!!

母が、もうパソコンをやめろとうるさいので休憩してからねwink

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ                        ★こうママ★
にほんブログ村

↑ ↑

ランキングに参加しています。

応援してね♫

|

« 分娩室のオンナ。 | トップページ | 分娩室のオンナ。~最終章~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こうママさんごめんなさいね・・・言葉づかい、特にコメントなどの言葉づかいは「まあこのくらいでも通じるかぁ」は絶対ダメみたいねcrying催促も何もしてませんからね・・ご安心を!
出産にはそれぞれにドラマがあるんだね!たぶんご主人と一年間は同じ高校にいただろう私の友人は車の中で奥さんの出産に立ち会ったそうですcoldsweats01旦那もパニクッっていましたから、病院の目の前までついて病院を探す始末!!!出てきてしまったみたいで、出産費用はかからなかったなんて言ってましたかね??応援してまっせ~good

投稿: 下総の茂蔵 | 2009年11月20日 (金) 15時38分

大変だったようですね。

こちらにもそれが伝わってきて、
手を握り締めて読んでいました~。

明日、そちら札幌の孫のところに遊びに行きます。
帰ってきてからじゃないと、続きが見れないかも・・・

投稿: COCOマミー | 2009年11月20日 (金) 18時04分

茂蔵さん。

え~~、全然気にしないでください。
私もコメントに関して何も思ってないですよ~~♬
すっかり遅くなってごめんなさい!!


           ★こうママ★

COCOマミーさん。

最終章、是非読んでみてください。
もっと大変なお産を経験した方の方が多いでしょうが、
私の中でも思い出となる出産物語です・・・


             ★こうママ★

投稿: こうママ | 2009年11月20日 (金) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129156/32283823

この記事へのトラックバック一覧です: 分娩室のオンナ。~第2章~:

« 分娩室のオンナ。 | トップページ | 分娩室のオンナ。~最終章~ »